天窓の雨漏りを直す前に業者に調査を依頼しよう。

どうして雨漏りするの?~特殊な調査で原因を解明~

天窓から雨漏りする原因とは~早めの修理が必要~

天窓

屋根から突き出ている形状の天窓は、雨風のダメージを受けやすい箇所でもあります。そのため、雨漏りの被害も多いです。なぜ天窓から雨漏りしてしまうのか、原因を詳しく見ていきましょう。

雨漏りの原因

ゴムパッキンの劣化
天窓の窓枠に使われているゴムパッキンの寿命は、約10年と言われています。10年を過ぎるとゴムパッキンが劣化してくるので、雨が降った時に天窓から雨水が浸入してきてしまうのです。
ゴミや異物の詰まり
天窓の周りに落ち葉やゴミなどの異物が溜まると、水切りの上に水が入ってしまい、雨漏りしてしまうことがあります。下葺きである程度は改善されますが、水が溜まりやすくなっている状態が続くと、雨が徐々に浸透してしまいます。
防水シートの劣化
防水シートは天窓から流れてくる水をスムーズに瓦の上に流してくれる優れものなのですが、20年ほど経つと劣化して穴が開いてしまいます。雨水が下地を通って室内に浸入してしまうので、早めに対処する必要があります。

迅速な対応が求められる理由

耐震性が低くなる
雨は屋根だけでなく、外壁やベランダからも浸入してきます。雨水が家の中に浸入してくると、柱や梁・壁などが湿って、次第に腐っていってしまいます。そうなると家の耐震性にも関わってくるので、深刻になる前に雨漏りの調査や修理を行なう必要があります。
シロアリが発生する
雨漏りが原因で家の木材が湿ってくると、じめじめした場所を好むシロアリが発生してしまいます。シロアリは家の土台や通し柱を食べてしまうので、強度が弱くなり地震が起きた時に簡単に倒壊してしまう可能性があります。
健康被害に遭う
雨漏りで壁や天井に湿気がこもると、カビが発生してしまいます。カビはアレルギーを引き起こしたり、喘息の原因になったりと、その家に住む人に健康被害を及ぼしてしまいます。そうした事態を回避するためにも、雨漏りの調査を業者に依頼してすぐに対応してもらいましょう。

まとめ

天窓からの雨漏りを放置すると住まいにも健康にもダメージを与えてしまいます。雨漏りしそうな箇所を見つけたら、早めに調査や修理を依頼しましょう。

雨漏り調査で特定~業者に依頼してより明確にする~

雨漏りする原因や被害箇所を素人が特定することは難しいです。天窓の場合、高い位置にあるので自分で確認するのは困難ですし危険を伴います。安全のためにも専門業者に雨漏り調査を依頼しましょう。

プロに雨漏り調査を依頼するメリット

点検

プロが行なう雨漏りの調査は様々な方法があります。目視による調査はもちろん、特殊な検査液を用いた調査も行なっており、その場の状況や依頼主の要望に合った方法を提案してくれます。そして調査が終わった後は報告書を提出してくれるので安心です。

依頼した人の声

雨水の侵入経路がわかって雨漏りの原因を特定できました。(40代/男性)

どこから雨漏りしているのか分からず、業者に調査を依頼しました。プロならではの特殊な調査で、あっという間に雨漏り箇所を特定してもらえて助かりました。